日本酒の品質劣化

こんにちわ! 日本酒鑑定士®︎瀧村健治です。

今日は【日本酒の品質劣化】についてお話ししますね。

日本酒は光と温度で品質劣化を起こします。

光とは紫外線のことで、人間でも日焼けしますよね!

日本酒でもこの光が アミノ酸を分解促進し、その結果 着色や 臭いの劣化、苦味の増加などを起こします。

一方 温度の影響は 糖分とアミノ酸が高い温度ではメイラード反応 を起こし 褐変反応が始まり、甘く焦げた香りが生じます。

日本酒鑑定士®︎では 実際に劣化すればそのように成るかを 知識だけでなく 体験し確認して頂けます。

蔵元が丹精込めて造ったお酒 品質を変えずに飲んで頂く。

それが日本酒鑑定士®︎の使命です。

日本酒の保管は基本冷蔵庫をお勧めいたします。

日本酒鑑定士の瀧村健治のホームページはこちらです お問い合わせはこちらから

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

アクセス

〒619-0222 

​京都府木津川市

 

お電話

電話番号:090-1953-3407

  • ameblo
  • Black Instagram Icon
  • Blogger - Black Circle

© 2017 日本酒鑑定士 Wix.comを使って作成されました