日本酒鑑定士としてこれからのこと

日本酒!

それは日本のお米、日本のお水、日本の蔵元で作られた清酒を日本酒と言います。

その味わいは計り知れないほど沢山あります。

何故って? それは日本全国同じお水はないでしょう〜

それぞれ成分が違っていますし、造り手の人も同じじゃないですよね。

お米も沢山種類があります、酒米や飯米など!

又麹ののつけ方や、酵母もいろんな種類があります。

それぞれの杜氏はその時の気温や湿温、又は醪の温度などを見ながら、 酵母の動きを感じコントロールしています。

ただ相手が微生物である以上すべて思ったように発酵する訳ではありません。

そこにはデーターによるコントロールと、杜氏の感覚も必要になります。

日本人が生み出したこの日本酒は世界に類を見ない最高峰の発酵技術からなるものです。

味わいはフルーティな味わいのもの、ガス感がありピリピリするものや、まさにシャンパンのようなシュワシュワするもの、 味わいが濃厚のものや、辛くてキレのあるものまで多様です。

私はこの素晴らしいお酒をいろんな人に飲んでいただきたいと思っています。

それは日本の方だけでなく 世界の方に 本当のおいしさすばらしさを知っていただく為、毎年ハワイで行なっているきき酒会を 他の国でも開催したいと思っております。

蔵元の皆さんこの活動にご興味ある方 いいねをポチッと押してください。

又メッセージもお待ちしております。

出来ましたら、いろんな蔵元さんと情報交換し、手を取り合いながら、これより一歩一歩歩んでいきたいと思います、

よろしくお願いします。

日本酒鑑定士 瀧村健治

特集記事
最新記事